ソレイユ号モルディブダイブクルーズで楽園の海を満喫してきました!

    ブルー“K”サファリで潜るソレイユ号モルディブダイブクルーズに2016年2月6日から1週間行ってきました。水中画像と水中動画をご紹介します。

    クルーズ:ソレイユ号は超快適でした

    619db5b990c119936752fc9b95028efe

    モルディブが初めての方でも楽しめる定番のクルーズ「ソレイユ号」。2014年4月にリニューアルオープンされていて、決して豪華ではありませんが、清掃が行き届いていてリラックスできる船でした。

    IMG_1093

    食事は基本的には洋食がメインです。シェフによっては中華っぽい物がでたり、モルディブの料理を作ったりしてくれます。コーヒー紅茶は無料です。

    IMG_1116

    ビールはシンガポールを中心に東南アジアで飲まれているタイガービール。 キリリとしておいしかったです。ダイビング後には欠かせない飲み物ですね^^

    IMG_1322

    モルディブ共和国はイスラム教の国で、マーレの街中ではお酒が飲めないんですよね。もちろん飛行場でもお酒は売っていません。クルーズ内では大丈夫。夜はジャックダニエルをおいしくいただきました。ちなみにボトル1本35ドルでした^^

    IMG_1258

    電気は220Vですが、デジカメやスマホ、タブレットの充電であれば変換器なしで使えます。

    IMG_1266

    ソレイユ号モルディブダイブクルーズで14本潜りました

    IMG_1331

    ソレイユ号モルディブダイブクルーズで14本潜りました。クルーズの朝はとても早いんですよね。なんと朝6時すぎからブリーフィングがはじまります。1日平均3本で、ナイトがあるときは4本になります。

    IMG_1121

    ダイビングの時は「ドーニ:モルディブのダイビングで使われる伝統的な船」に乗り換えます。

    IMG_1210

    今回使用したカメラはオリンパスTG-2です。ナイトの時は水中ライトは必需品です。

    IMG_1129

    はい。ダイブコンピューターは必需品です。SUNTO D6iを使用しました。

    IMG_1219

    透明度も抜群!まさしくモルディブブルーです。

    ダイビングポイント:フィッシュヘッド。ヨスジフエダイが一面を覆い尽くしていました。

    一面が黄色になり、まるで海の中の菜の花畑のようでした。

    eee

    一見「ウメイロモドキ」に見えますが、このお魚「イエローバックフュージュラー」といいます。ウメイロモドキより黄色が強いような気がしました。

    eee

    ヨスジフエダイはいろいろなポイントで群れてました。

    アケボノのブルーのカーテンが幻想的でした^^

    eee

    ジンベエザメが見れることで有名なダイビングポイント:ランカリマディバル。ジンベイだけではありません。マンタもスクランブル状態でした!

    IMG_1239

    やっぱりマンタは貫禄あります。

    IMG_1238

    eee

    クルーズに設置した照明に集められたプランクトンを食べに来たマンタです。

    そして、ついに生ジンベエに会うことができました!!

    IMG_1231

    大きさは5mほどでしょうか。

    IMG_1234

    感動の時間でした。

    IMG_1236

    ウミカメさんにも会うことができました^^

    eee

    グレーリーフも何度も遭遇しました。貫禄ありますよね^^

    eee

    ナイトダイブではナースシャークを近距離でみることができました。

    白い砂浜です。砂の模様がきれいでした。

    トロピカルな色がモルディブに似合います。

     

    ソレイユ号最高のスタッフさま、ありがとうございます

    今回お世話になったソレイユ号最高スタッフさまです。ありがとうございます。

    ●KIKOさん

    スタッフのリーダー、KIKOさん。とにかく明るいし超パワフル!おせわになりました!

    IMG_1352

    ●マーさん

    中央がマーさん。ダイビングの合間はいつも日焼けタイム!夜はしっかりジャックダニエルを付き合ってくれました。お世話になりました!

    IMG_1347

    ●ミナさん

    普段は神子元でインストラクターをされている笑顔がキュートなミナさん。お世話になりました。

    IMG_1292

    eee

      コメントを残す