2017年メキシコ「ラパス」バレンティーナ号でダイビングを楽しんできました

メキシコ「ラパス」でダイビングを楽しんできました。今回利用したのはクラブアズール。バレンティナ号スペシャルクルーズ9日間。ラパスといえば野生のアシカと潜れるのが最大の売り。それではメキシコ「ラパス」の最高の海を満喫した水中画像・動画をご紹介しましょう^^

 

クルーズ船バレンティナ号の紹介

成田空港からアエロメヒコ空港でメキシコシティーまで13時間。そこから国内線でラパスに向かいます。長いフライトなので飛行機で使えるエアー枕を持っていくことをおススメします。

メキシコといえばコロナビール。機内ではソフトドリンクはもちろん、ビール、テキーラなども自由に飲めます。

メキシコシティー空港です。標高が高いということでそんなに暑くはありませんでした。湿度がかなり低いのでカラッとした気候です。

いよいよバレンティナ号に乗り込みです。思ったより大きなクルーズ船です。

2階はゆったりしたダイビングスペースです。

今回寝泊まりする部屋はNo,9。船の中心当たりの部屋だったので大きな揺れはありませんでした。

2段ベットですが、十分すぎる広さです。エアコンもあるし、日本の100V電源はそのまま使えます。

最上階のデッキ。ダイビングの合間の休憩時間にゆっくりくつろぐことができます。

そして、ビールはフリー。3種類のメキシコビールが飲み放題です。^^

メキシコ「ラパス」のダイビングポイント

メキシコ「ラパス」の主要なダイビングポイントです。「ロス・イスロテス」は海面から突き出ている二つの大岩がアシカのコロニーになっていて約400頭の野生のアシカが生息しています。「エルバホ」はハンマーヘッド・ジンベイザメ・カジキマグロなど大物がみれるビックポイント。そして今回のクルーズでは地図に載っていないもうちょっと南の「カボプルモ」でも潜りました。ギンガメアジの群れが見れるポイントとして有名です。

ダイビングポイント「ロス・イスロテス」でアシカと遊ぶ

大きな2つの岩からなるアシカで有名なポイント「ロス・イスロテス」。白い模様はなんと、鳥のフンだそうです。空と海の青と岩の白との色彩がとても神秘的です。

岸でアシカが元気よく遊んでいます。水中でアシカの鳴く声が聞こえます。オスのアシカは体長2m以上あります。

ダイバーを怖がる気配はありません。とてもフレンドリーなアシカ達です。

メキシコ:ラパス「ロス・イスロテス」水中動画【アシカ編】

ダイビングポイント「カボプルモ」でギンガメアジと戯れる

ダイビングポイント「カボプルモ」はギンガメアジの群れが高確率で見れるポイントです。

ダイビングポイントまではクルーズからソディアック(エンジン付きゴムボート)に乗り換えて移動します。

ダイビングポイント「カボプルモ」で潜る際は、許可証?みたいなリストバンドを付ける決まりだそうです。

エキジットしてすぐにギンガメアジのカーテンがお出迎え。

うれしさのあまり「ピースポーズ」でパチリ。このポイントに根付いているのでしょうか。ゆっくりと周辺を泳いでいます。

海底は砂地。白+青+ギンガメカーテンのコラボが美しすぎます。

ダイビングポイント「カボプルモ」水中動画【ギンガメアジ編】

メキシコ「ラパス」はダイビング天国

メキシコの海水は他の海より塩分濃度が高いそうです。プランクトンが豊富で魚影が濃いってことと、強い北風の影響で透明度は全般的に15m程度でした。

ダイビングポイント「ロスイスロテス」の浅羽ではヨスジフエダイが優雅に泳いでいました。

沈潜のポイントではウミガメが休んでいました。

ダイビング初日のジンベイサメサーチ。シュノーケルでしたが5mほどのジンベイザメに無事会うことができました。

おやおや、みんなが集まってみているものは・・・?

大きなジョーフィッシュ!!げんこつくらいはあります。目がきょろきょろして愛嬌たっぷりです。

メキシコ:ラパス水中動画ダイジェスト

バレンティナ号のアフターダイブ

朝食前のプチモーニング。フレッシュなフルーツを自由に食べれます。

モーニングも日替わりで充実しています。しっかり食べておかないと1日4本のダイビングはもちません。

ランチもおいしくいただきました。サラダも充実しています。

1日のダイビング終了後に飲むメキシコビールが最高にうまかったです。

最終日の夜は屋上でバーベキューパーティでした。今回のクルーズのゲストはポルトガル人10人・日本人7名でした。

こんがり焼いているお肉は細かく刻んでトルティーア(とうもろこしで作った皮)に包んで食べます。

トルティーア、辛くて最高においしかったです。

超陽気なスタッフさん。マルガリータ、ごちそうさまでした。

最終日、飛行場に移動する前にコンビニ?でお買い物。

メキシコのお金はペソですが、米ドルで買い物できます。(※おつりはペソなので注意。)

最高のメキシコツアーでした。

サンホセデ・ルカボ空港にて。さようなら、メキシコ!

バレンティナ号の最高のスタッフ紹介

イギリス出身のジェニー。雰囲気がローラに似ています。ダイビングポイント「エルバホ」でハンマーヘッドを見せてくれました。ありがとう!ジェニー!

キャプテンのロレンソはメキシコ:ラパス出身。おなかの中にはしあわせが詰まっているそう。笑

唯一の日本人スタッフ、ルイさん。(左:ちょっとボケてます。)いろいろと親切にしていただきました。ありがとうございます。

陽気なスタッフの皆さんに囲まれて楽しい旅になりました。

メキシコ!また来るぜ!Gracias!!

デスカバーバハスペシャルクルーズ日程表

クラブアズール:ラパスダイブツアー情報はこちら

コメントは受け付けていません。