スキューバダイビングお役立ち最新情報はこちら

佐渡島惚れたぜ!コブダイだけではない佐渡島ダイビングの魅力!

つい2週間前、佐渡島でダイビングしたばっかりなのですが、なんと2週間しか経っていないのにまた潜りに来てしまいました。それだけ佐渡島に惚れてしまったということでしょうか^^; まずはこの水中負動画をご覧ください^^ 今回1...

続きを読む

佐渡島名物コブダイ「ヤマト」と戯れた6月のある1日

去年初めて佐渡島でダイビングをしてはまってしまいました^^ 海の蒼さの美しさは日本屈指じゃないですかね。 今回のお目当ては、映画「オーシャンズ」でも有名になった 佐渡島の人気者コブダイに会いに行きました。 オーシャンズで...

続きを読む

ハワイオアフ島ボート2ダイブでウミガメと遊んできました

ハワイ:オアフ島でボート2ダイブしてきました。 潜ったポイントはアラモアナからボートで10分の 「シータイガー」と「ホースシューリーフ」 今回はグリーンドルフィンダイブショップさんにお世話になりました。 グリーンドルフィ...

続きを読む

スキューバダイビング覚えておきたい危険があるんです

スキューバダイビングはしっかりとした知識を持ち、 安全第一で行動しないと大きな事故に繋がる 可能性があります。代表的な障害を紹介しましょう。 スキューバダイビングで減圧症にならないようにするには、 十分にゆっくりした速度...

続きを読む

スキューバダイビングの基本テクニックを身に付けよう

スクーバダイビングを行う上で重要な基本技術には、呼吸、 中性浮力、圧平衡などがある。初級クラスで習得すべき その他の技術としては、緊急浮上、安全停止、 器材の脱着(水面・水中での脱着を含む)等があります。 体には耳内、肺...

続きを読む

スキューバダイビング指導団体はPADIがダイバー全体の60%所属

スキューバダイビング指導団体とは、スキューバダイビングの 普及・ダイバーの育成、教育を目的とする団体です。 現在、日本だけでも約30団体があり、各団体それぞれの理念に 基づいてダイバーの教育、Cカードの発行を行っています...

続きを読む

スキューバダイビングをするにはライセンス(Cカード)が必要です

日本の法律上、潜水業務以外の目的でスキューバ ダイビングをするのに資格の必要性は問われません。 潜水器材のレンタルを含むダイビングサービスを 受ける場合、Cカードの提示が必須になっているので、 実質的にCカードを持ってい...

続きを読む

スキューバダイビングに最低限必要な機材類を紹介します

スキューバダイビングは、一歩間違えると命を落とす 危険性があるレジャーだということを理解してください。 スキューバダイビングの器材選択は、自分の命を守る 安全管理の基本になりますので慎重に選びましょう。 最低限必要な機材...

続きを読む